2012年10月29日

秒速5センチメートル レビュー



秒速5センチメートル
button-880.png
新海賊さん作のアニメーションが小説版で・・・
ということで最近、秒速5センチメートルのアニメを拝見しまして、おもしろさのあまり小説版も購入してしまいました。秒速5センチメートルのアニメと同じくたかきくんの視点で描かれた小説です。
あかり視点の小説もありますが今回はたかきくん視点の小説でレビューさせてもらいます。
button-5436.png
本の概要
「桜花抄」「コスモナウト」「秒速5センチメートル」の3本の短編から構成された恋愛小説。
一人の少年を軸に描かれる、三つの連作短編。
恋心の普遍と変遷、そして魂の彷徨。静かに、心に沁み入る物語。

レビュー
button-8359.png

「秒速5センチメートル」のアニメが良すぎたので、小説版もつい購入してしまいまして…

新品の定価で買ってしまったので1300円と結構高いな……と思いながら。。。
他のショップで見るとちょっと安くで購入できたりしてちょっと後悔したりしてます。
まぁでも面白かったからいいかな。。

それでこの本の感想なのですが

とりあえずおもしろかった!

前回の感想(ブラックジャックによろしく)と同じ流れで入ってしまったが……まぁいいか。

この小説を読んだ感想は、あれですね、小説で読むのとアニメで見るのとはまた全然違ってきますね
アニメと違って、小説の方が感情移入がしやすいのかな、アニメだと主人公の心の動きを主人公の表情、体の動きそのものでアニメーション、一つの絵として表現していますが、小説だとそれを全て文章で伝えなければならないなので動き一つ心の変化一つを読者に伝わるように巧みに文字で書くわけで。。。
それが感情移入しやすくなる理由なのかもしれませんね。
動きから感情を読み取るより文字から感情を読み取る方が読み取りやすいと思います。また、文字で読み取った感情とアニメーションで読み取った感情って異なってくると思うのでその点もなかなかおもしろいところでして。
全然まとまってない感想ですみません。
でも書き直しません! なぜなら・・・眠たいからです。。。orz
というか、これ……小説とアニメの違い書いただけになってるかな。

あかりとたかきくんについて……正直自分にはこの小説からアニメから感情を読み取ることができてもそれを理解することができなかったと思う。人の気持ちは理解できないし、それは小説でも同じで。
特にこういう恋愛小説とかの人の心の動きっていうのは複雑だと思うし、
でも突き詰めていけばそれは全部「好き」という感情につながっているのかもしれないと思うと単純に思えてくるし、難しいものだな。。。と
結局、あかりはたかきくんから何を奪って何を得たのかたかきくんはあかりになにを奪われて何を失ったのか。。。
最終的になにがどうなったのか・
よくわからなんだ・・・

こういった小説の答えを見つけられるようになれれば自分の人生観も少しは変わるのかな


その他の本情報はこちら
posted by ノベルン at 01:24 | Comment(0) | 小説レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。