2012年10月29日

人生に意味はあるのか レビュー



「人生に意味はあるのか」という本を手にとってみた。
なんとなく興味があったので購入してみました。こういった本に過剰な期待はしないほうがいいというのをなんとなくわかった上でなんとなく購入。
作者は諸富 祥彦さんという方。カウンセリングやらなんやらやってるみたいですけど
有名なんですかね。

本の概要
人生の意味とはなんなのか……についてとことん突き詰めた本です。
人生の意味とは…なんなのかというのをふと考えた時にでも読むといいかもしれないです。

この本を読んでのレビューです・

私は記事の最初の部分に過剰な期待はせずに購入したという文章を書きましたが、なにか答えに対するヒントの・ようなものは得られるのではないか……くらいは思っていました。
本を読んだ結果、実際になにかヒントのようなものは得られました。でもやはり答えは得られません。なのでこの本に何か答えを求めて購入するなんていうのは間違いだと知った上で過剰な期待をせずに購入することをおすすめします。変な期待をし過ぎてもしんどいだけですから・・・

まぁたしかに人生の意味とは。。。に対する答えは載っていました。しかしそれはその答えはあくまで作者の答えで合って自分自身の答えではなくて、それはやっぱり自分で探さなければならないという答えに改めて至りました。この本にも同じようなことが書いてあったんですがw

自分がたどり着いた考えの1つがこの本に書いてあったり、なんとなく納得させられるような考えが書いてあったりおもしろかったです。
自分のたどり着いた考えと同じようなことが書いてあると時には共感を覚えたり、それは違うだろ・・・なんて思ったり、しながら読んでいましたが、いろいろな考え方や答えがあり、そこからなにかヒントをつかめたような気もしますし、なんとも言えない様な感情があるのですが
そんな感じで暇つぶしにでも読んでみると面白いと思います。



その他の本情報はこちら
posted by ノベルン at 02:24 | Comment(0) | その他本レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。