2012年11月03日

Kindle(キンドル) レビュー 紹介




Kindle Paperwhiteはワイヤレス接続で簡単に本をダウンロードできる、持ち運びに便利な電子書籍リーダーです。

本物のインクを使用したE Ink スクリーンを採用し、紙と同じ感覚で快適な読書が体験できるよう開発に努めました。Kindle Paperwhiteなら明るい日差しの中でも、反射を気にせず読書を楽しむことができます。

Kindle Paperwhiteは読書中に端末の存在を感じさせず、物語の世界に没頭できるように設計されています。鉛筆よりも薄く、非常に軽いにも関わらず、1000冊以上の本を保存でき、お気に入りの本をいつも持ち歩けます(コミックなど一部を除く)。また、超長寿命バッテリーを採用しているため、一回の充電で最大8週間読書を楽しむことができます。内蔵のWi-Fi経由で簡単に新しい本をKindle に直接ダウンロードすることができます。ソフトウェアのインストールや複雑な設定は不要で、PC を使う必要もありません。

世界で最も先進的な電子書籍リーダー:高解像度、高コントラストのタッチスクリーンに内蔵型ライトと8週間使える超長寿命バッテリースクリーン全体を照らす独自技術の内蔵ライトで、どんな場所でも最高の読書体験を212 ppi (1インチあたりのピクセル数)という電子書籍リーダーで最高クラスの画素数で、これまでにないきめ細やかな表示を実現高コントラストによる、際立つテキスト太陽の下でも日差しが反射せず、テキストと画像がくっきりと見やすいディスプレイ

・自由に選べる、高解像度のスクリーン用に調整された2種類のフォントと8種類の文字サイズ

・ライトをつけても8週間使える超長寿命バッテリー

・1000冊以上を手の中に - お気に入りの本をいつでも持ち運べます

・内蔵のWi-Fi を使って、60秒で素早く本をダウンロード(コミックなど一部を除く)

・リーディングタイム機能が読書スピードを計算し、本を読み終わるまでにかかる時間をお知らせ

・『光圀伝』、『ツナグ』、『テルマエ ロマエ』シリーズなどベストセラーをはじめとした豊富な品揃え
本から目を離すことなく、素早く意味を調べられる国語辞書や英和辞書を搭載


若干、本がお安く手に入るみたいですが、、、世間の評価を聞く感じだと、実際そんなにお安くはならないみたいでw数十円程度とか・・・で実際品ぞろえも微妙な感じで、まぁ後々は増えていくとは思いますが今のところは様子見って感じですねw
古本屋さんで本を買ったほうが安いかなwって感じです。まぁ後々の期待を込めて先行投資という意味で購入するのもいいかもしれませんね。趣味程度か・


その他の本情報はこちら
posted by ノベルン at 01:20 | Comment(0) | 書籍関連アイテム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。