2012年11月03日

秒速5センチメートルone more side レビュー



秒速5センチメートルone more side:あかり視点で描かれた秒速5センチメートルです。古本屋さんでもなかなか値段が下がらずw発売はだいぶん前ですけど値段は変わらず…という感じですが新品を購入する価値はあると思います。
秒速5センチメートルをみた人は1つの考察として読んでみても面白いと思います。

内容紹介
「来年も、一緒に桜、みれるといいね」魂のむすびつきを感じた幼いタカキとアカリの無邪気な願いの行方は―もの悲しく美しい新海ワールドを映画とは異なる視点で描いたもうひとつの『秒速5センチメートル』。


レビュー

秒速5センチメートルのあかり視点の物語が発売されてると知ってすぐにためらいなく購入しましたw
結果的に買ってよかったと思える小説でよかったです。。

秒速5センチメートル本編を回想してるような感じで語られる物語ですが、この感じがなかなかよかった。

以上!

というわけで
本のレビューはこれくらいで終わろうかな・・・と思いましたがしかし!
なんとか自分のこの本を読んだ感想を伝えたいという思いもありますし…
かと言って、自分のこの貧弱というか乏しい文章力、語彙力ではおそらく伝えられないと思いますし。かえってこの作品の品位を下げてしまいかねないので。
その程度の作品か・・・なんて思われると申し訳が立たないですというか自分を恨みますね。
正直なところ「秒速5センチメートルに込められた意味なんてわかるかい!」なんていう程度の感想くらいしか書けなさそうですしww
まぁこれを読むことによって秒速5センチメートルの世界に対して少し理解が深まったように思えますので
ファンのかたは読んで損のない作品になっているかと思います。



その他の本情報はこちら
posted by ノベルン at 21:30 | Comment(0) | 小説レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。