2012年11月04日

おおかみこどもの雨と雪 レビュー



おおかみこどもの雨と雪
button-880.png
映画公開されてすぐに気になって購入しました。サマーウォーズを作成した監督さんが作った映画だということで映画を見に行きたかったのですが、なかなか見に行けなかったというか。男一人で観に行くのはちょっと・・・なんて思ったりしてwwで本屋さんにいくと小説がおいてあったので即購入w

button-5436.png
本の概要
大学生の花は、人間の姿で暮らす“おおかみおとこ”に恋をした。ふたりは愛しあい、新しい命を授かる。“雪”と“雨”と名付けられた姉弟にはある秘密があった。人間とおおかみの両方の顔を持つ“おおかみこども”として生を受けたのだ。都会の片隅でひっそりと暮らす4人だが、突然“おおかみおとこ”が死んでしまう。残された花は姉弟を連れて田舎町に移り住むことを決意するー。映画原作にして細田守監督初の小説登場。
button-8359.png
レビュー

冒頭でも書いた通り本当は映画見に行きたかったんですけどね・・・まぁでも小説でも満足の行く作品でした。
小説は薄っぺらいので、文章自体もそんなに多くなくて短編小説のような感じでしたので読みやすかったです。映画で見るよりも早く見終わりそうな感じです。
映画と小説と比べて……というのができないのですが、他の人の評価なんかを見てみるとやはり映画で語られなかった文章とかもちらほらあるみたいで……映画で描かれなかった部分も小説で少し補っているような感じかもしれないですね。
この物語を読んでみてとてもスラスラと入ってくるような内容でとてもわかり易い文章でした。
家族の温かみというか愛情というかそういうのを題材にした作品だと思いますのでそれがすごく伝わってくるような内容になっております。
心温まるストーリーですのでこの寒い冬を乗り切るために温まってみてはどうでしょうw(あんまりうまくないかw)その他の本情報はこちら
posted by ノベルン at 01:19 | Comment(0) | 小説レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。