2012年11月04日

モニタールーム レビュー



モニタールーム
button-880.png
山田悠介さんの作品ということで・・・最初は誰だこの人・・・と思ってたんですけど
調べてみるとリアル鬼ごっこ書いた人なんですねww
内容情報のところを見て面白そうだな・・・と思ったから購入しました。
button-5436.png
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
月収100万円という破格の仕事を見つけた徳井。その仕事内容とは、刑務所の地下のモニタールームで、いくつものモニターを見るという簡単なものだという。不審に思いながら、ひとつ目のモニターをのぞき込んだ徳井が見たモノとは、無数の地雷で隔絶された地帯に住む少年少女たちの姿だった!そして別のモニターには、牢獄に入った中年女性の姿が映し出されておりー!?山田悠介が放つ最高の絶対不可能ゲーム。
button-8359.png
レビュー

それなりに面白い作品でした。。。

以上!!!と終わりたいところですが書きます書きます
(そろそろレビューを書くのもつかれてきましたが…10数個を数日で一気に…小学校の読書感想文の宿題で悩み続けたこの私が…おそらく400字詰め原稿用紙1枚分以上の感想をこの数日で十数個・・・)

ということで余談もさておき
モニタールームのレビューです。
こういうホラーというか設定が変わってる感じの本結構好きなんですよね・・・
月収100万なんていう明らかに怪しいバイトwww
これに応募する主人公wwwwここがすでにおもしろい
で、行った先はひと目もつかないような監獄おもしろいですね。
そこから主人公の精神を揺さぶるような出来事、謎の組織
謎の組織が人体実験をなんていうありえない設定に大して主人公がどう思考するのかどう考えるのかというのがおもしろいです。

くだらないレビューでしたが以上で。



その他の本情報はこちら
posted by ノベルン at 01:26 | Comment(0) | 小説レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。