2012年11月29日

咲−Saki− レビュー 紹介



咲−Saki−

評価★★★☆☆

button-880.png
とりあえずキャラクター全員がかわえええええええええええええええええ
女子高生のレベル高すぎるでしょ・・・麻雀ガールに希望を抱きましたが、リアルは・・・
やはり二次元は最高ですな。これは内容が面白いというよりキャラクターが可愛いですねww
内容も悪くはないですけど。

本の内容

全国高校生麻雀大会(インターハイ)優勝を目指す清澄高校麻雀部と、その新入部員である宮永咲の物語。金銭の絡むギャンブル特有の殺伐とした雰囲気が漂う従来の麻雀漫画とは一線を画し、麻雀が現実より一般大衆に浸透し高校生・中学生の競技麻雀公式大会も行われる(作中ではインターハイの県大会団体戦決勝戦や全国大会がテレビ中継されている描写もある)世界観の中で物語が進む。

レビュー


まずはじめにキャラクターが可愛い
この作品の特徴ですね。番外編の阿知賀編のキャラクターはさらに可愛い(^ω^)ペロペロ
で、その女子高生たちが麻雀に熱くなるというよくわからん時代。
なんか能力があったりwww麻雀でチート使ったりww
実際麻雀で嶺上開花を狙って連発できるかと言われると不可能ですw無理ですwというか難易度高い割にそこまで・・・なのに敢えて嶺上開花を武器とする主人公の咲。
まぁ、咲に影響されて麻雀始めた初心者のクソがいうことじゃないですねww
でも、この漫画を読んでると麻雀をやってみたくなります。それはどの漫画を読んでても共通のことなんですけど、読んでるとその漫画でやってることを実際にやってみたくなる。この心理おもしろい漫画じゃないと働きませんよね。
つまりこの漫画はおもしろいのです!!

自分も麻雀でチート能力を発揮できるんじゃ!? なんていうことを思いながら始めると一層おもしろいですwww漫画であるような能力はリアルでは決して生まれないと知った時の感じはなんとも言えませんが。









その他の本情報はこちら
posted by ノベルン at 23:59 | Comment(0) | まんがレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。